顔がかゆい 原因

顔がかゆい原因と対策について

■顔がかゆいのは肌内部の乾燥

 

日常的に頻繁に顔がかゆい状態になるという人がいます。

 

顔がかゆい原因の1つとして肌の内部が乾燥しているインナードライがあります。

 

インナードライの状態になっていると、たとえ肌表面の様子ではオイリー肌に見えていたとしても、内部は乾燥しているのでかゆみなどの乾燥による症状が出てしまうのです。

 

見た目に何も問題が無かったり、皮脂が気になったりするような状態の場合、実は保湿が必要なのに逆にさっぱりとさせて水分をあまり与えないようなスキンケアをしてしまっているというケースもあります。

 

これでは肌の乾燥はどんどん進行してしまい、顔がかゆい状態が治らなくなってしまいます。

 

肌の奥からしっとり潤す基礎化粧品はコチラ

 

■肌内部への水分補給がカギ

 

ここで大切になってくるのが、元々の原因をにしっかりと対処することです。

 

この場合であればインナードライが原因になっていますので、これを徹底的に改善していくことが必要なわけです。インナードライを治すためには水分補給が絶対的に必要です。

 

カラカラに乾いている状態の肌ですので、化粧水でたっぷり水分を与えることが大切なのです。カラカラの肌では、様々な美容に良い成分を与えたとしてもそれが全体に行き渡るのは難しいものです。

 

かゆみを抑える目的だけでなく、美肌のためにも肌の潤いは必須なのです。

 

化粧水をつける時にはたっぷりとつけるのが基本ですが、1度につけるとなかなかうまく浸透していかないということもあるかもしれません。そうした場合には、2、3回に分けて重ねづけするようにしていくと良いでしょう。

 

水分の浸みこみづらい肌になっているはずなので、ゆっくりじっくりと浸透させていきます。最後に乳液やクリームでフタをすることも忘れずに行います。

 

インナードライによる顔のかゆみを改善する基礎化粧品ランキングはコチラ