妊娠中 顔がかゆい

妊娠中に顔がかゆい方へ

■妊娠中の肌の変化|その原因とは?

 

妊娠中に顔がかゆい症状が表れるという人は少なくありません。

 

なぜ妊娠中にこうした肌の不調が出てしまうのかというと、それはホルモンバランスの変化がきっかけです。

 

それまでと全く違うホルモンバランスになってしまうため、どうしても体のいたるところで様子が違ってきてしまうのです。

 

その一つとして、妊娠中におこるのが肌質の変化。顔がかゆい状態になってしまうというわけなのです。

 

■対処方法は?

 

この症状対処方法ですが、、まずあげられるのが保湿をきちんとしておくということです。

 

確かにきっかけはホルモンバランスの変化なのですが、顔がかゆいということは、肌内部の水分バランスが乱れているため、肌のバリア機能が低くなることによっておこるのです。

 

そのため、肌の潤いがしっかりとあれば症状はある程度抑えられるということになります。

 

妊娠中の肌の変化による顔のかゆみ対策としては、たっぷりと肌を潤しておくということが一番有効なのです。

 

肌へ水分補給を行う場合には、できるだけ保湿性の高い敏感肌用の化粧水を使うのがベストです。

 

顔がかゆいということは、肌自体がとてもデリケートな状態になっているはずですから、刺激の少ないものを使うということが大切です。

 

妊娠することによって体の調子がそれまでと変わっていますので、新しい化粧水を使うのに抵抗があるという人もいるかもしれませんが、顔がかゆいという症状は、今まで使っていた化粧水が肌質に合わなくなったということです。

 

妊娠中に関わらず、スキンケアの基本は自分の肌にあった基礎化粧品を使うこと。基礎化粧品を見直す事できっとあなたの悩みを解決できるはずです。

 

妊娠中の肌を整える|敏感肌用基礎化粧品ランキング