乾燥 顔がかゆい

乾燥で顔がかゆい方へ

乾燥してカサカサの状態になってしまうと、顔がかゆい症状が出てきてしまいます。

 

これは肌の乾燥によってバリア機能が低下してしまったことによります。バリア機能は外側からの刺激が直接内側に伝わってしまうことを防ぐものです。

 

そのため、この機能が低下してしまうと、ちょっとした刺激で顔がかゆい状態になってしまうのです。

 

特に、肌が内部から乾燥してしまっていると、水分をとどめてくれる働きを持つセラミドの働きが弱まってしまい、水分がどんどん逃げてしまいます。

 

この症状を改善するためには、肌に水分をたっぷりと与えることが必要です。

 

特にかゆみが出てきてしまうほどということであれば、カラカラに乾いているという印ですから、保湿性の高いものを充分に浸みこませていきます。

 

最初はなかなか浸透していきづらいかもしれませんが、それは乾燥しているからです。数回に分けてつけていくことでどんどん浸みこんでいくようになります。

 

肌がきちんと潤っていればバリア機能も正常に働きますので、ちょっとしたことで刺激を感じることもなくなっていきます。

 

この時に選びたい化粧水は保湿性の高いものですが、特にセラミドが配合されているものの場合、肌の内側から潤うようになっていきます。

 

セラミドは肌に元々存在していて水分を保持する役割をしているものですが、加齢とともに減少していくことが分かっています。そのため、化粧水などで取り入れていくことが大切なのです。

 

化粧水で肌の奥から潤ってたっぷりと水分を保持できる肌になっていけば、カサカサの肌も改善されていきますし、ちょっとした刺激でダメージを受けるということもなくなります。